top of page

【テレパインタビュー111】「何が好きでどんな道を歩んできたのか、考えてから描くと愛着が無限湧きです」現代的×民族風ファッションを描く、イラストレーター・Az iiさんにインタビュー



■Profile

ニックネーム:Az ii

エックス:@Azsn10

出身:日本

職業:イラストレーター











■Art Gallery



――まずはじめに、簡単な自己紹介をお願いします!


「Az ii(アズ)です。絵を描いていますが、普段はセレクトショップの店員をしています。よろしくお願いいたします!」


――ショップ店員さんもされているのですね。人とお話しするのはお好きですか?


「靴をメインに取り扱っている店です。ファッションを身近に感じられるような仕事をしたくて選びました。人との会話は得意ではないですが好きではあります。来店の方々やスタッフ問わず、靴に対する熱意が高い人達とたくさん話せるのが、自分にとって勉強になり良い刺激となっています」


――絵を描き始めたのはいつ頃からでしょうか?また、美術系の学校などに通ったことはありますか?


「描き始めた時期は不明ですが、絵を好きだと思うようになったのは小学生の頃です。美術系の学校には興味がありましたが親に言えず、通えませんでした」



「美術系以外で他に学びたい分野も一応あったため、そちらの学校に通いつつ、イラストは独学で暇があれば描いていました」


――これまでに参加した商業プロジェクト、及びビジネス活動歴について教えてください。


「最近ですと「瞳の描き方事典」という技法書にイラストを数点寄稿しています。あとはVtuberさんや歌い手さんのMVイラストに携わらせて頂いたこともありました。特に東堂コハクさんの「Mela!」は自分自身初めてのMVイラスト制作だったので印象深いです」



――現在に至るまで、ご自身の嗜好に影響を与えた作品をお聞かせください。


「旅や冒険をテーマにした作品をよく見ています。世界観でいうと特に『キノの旅』が好きで、学生時代は読書の時間にも読んでいました。キャラクターの形成は『マギ』や『アークナイツ』等、可愛い女の子がメチャクチャ強くてかっこいいという作品に憧れがあり、そういったギャップのあるキャラクター作りに憧れています」


▲『アークナイツ』ファンアート


――創作では「現代的×民族風ファッション」を取り入れているとのことですが、こちらのモチーフに興味を持ったきっかけを伺えればと思います。


「元々チェックやストライプなどの柄が好きなのですが、決まったパターンよりも自由な模様を描きたいと考えるようになり、そこから発展したものが民族風の柄でした。思いのままに柄をデザインするので、時には描ききるまで模様の完成形が見えないこともあり、毎回自分で自分の絵が楽しみになっています」



「最近は絵の中に彩りを添えるような感覚で植物も描いています。職業柄、商品のディスプレイをする際にそういった表現を使うことが多いため、自然と取り入れていました」


――続いて、創作をする上でこだわりはどこでしょうか?


「自分は主にキャラクターデザインばかりですが、創作キャラクターとして物語上で動かすかどうかはさておき、どんなイラストでもキャラクターがどういった人物像なのかをある程度イメージしてから描くようにしています」



「例えば、今はただ衣装モデルとして描いているキャラクターだけれど、もし物語の中で喋ったらどんな話し方をするか、何が好きでどんな道を歩んできたのか等、考えてから描くと愛着が無限湧きです。そして着ている衣装がそのキャラクターが好きで着ているのか着させられたのか等の想像も膨らみますので皆さまもぜひ」


――なるほど、キャラクターの人生を想像されているのですね。Az iiさんが感じる、絵を描くことはどういう行為だと思いますか?


「自分にとって描くという行為は声を発することと同じで、いつも絵に喋ってもらっているような感覚です。自分よりも絵の方がはるかに口数が多いと思います。嬉しいときも「絵、描くか……」となるし、愚痴りたいときも「絵、描くか……」となります」




――ご自身が今まで描いた作品の中で1番印象深い作品は何ですか?


「数年前の絵ですが、この絵から知ったと言ってくださる方が多いので思い入れがあります。今でもコメントを頂くことがあるので、このイラストを見るたびに嬉しい気持ちが蘇ります」



――今後、挑戦してみたいことはなんでしょうか?また、何か告知がありましたらぜひ!


「アパレルグッズは今までもコラボ等で作らせて頂いたことがありますが、さらに突き詰めたデザインのものも作ってみたいです。あと自分のキャラクターのフィギュアがほしいです!!今後も少しずつですが、お知らせできることがいくつか控えているので、チェックして頂けたらと思います」


――インタビューありがとうございます! 最後にファンに一言お願いします!


「いつもイラストを見てくださる方々へ、改めてありがとうございます。一次創作ばかり描いているので見つけて頂けること自体が奇跡だと思っています。これからも楽しい創作ライフを晒していきますので、楽しんでるなーと思って頂けたら嬉しいです」


 

■ライタープロフィール

ニックネーム:笹本千尋 -sasamoto chihiro-

出身地:日本・東京都

ツイッター:@tiam_00

自己紹介:2021年に日本大学芸術学部文芸学科を卒業後フリーでライターをしております。


現在は「アニメイトタイムズ」「クウネル・サロン(マガジンハウス社)」「リアルサウンド」などで活動中。




 

ホビーテレパ運営会社の株式会社ジニヤズでは、若手クリエーターたちの作品や発想、活動をインタビューを通して世界中の多くの人々に伝えることを応援しております。


多言語(日中英)翻訳と情報発信のサポート、ビジネスチャンスのクロージング斡旋も行っております。インタビューや業務提携などのご希望がある方は、お気軽に「お問い合わせ」までご連絡くださいませ。

Σχόλια


bottom of page