top of page

『もののけ』group exhibition は8月9日から大丸東京店美術画廊にて開催!

8/9(水)-8/14(火)

大丸東京店10階 美術画廊


日本人、中国人アーティストによる「もののけ」展は、両国の文化や美術の違いと共通点を活かし、妖怪や神話の世界をテーマにしたコラボレーション展覧会です。日本の伝統的な「妖怪」や、中国の神話の「神獣」をはじめ、独自の解釈と表現で様々な「もののけ」たちが登場します。

アーティスト達はそれぞれのルーツや背景を活かし、独自のスタイルで作品を制作しており、美しくも不気味な世界に引き込まれることでしょう。 是非この「もののけ」の世界に触れ、二つの国のアーティスト達が贈る神秘的な世界をご堪能下さい。

この展示にはSOMSOC Gallery ギャラリーアーティストの静電場朔@diansakuも参加致します。作家の数年ぶりの墨絵「もののけ」シリーズをお楽しみ下さい。


<参加アーティスト> 大島利佳、纐纈雪陽、宮間夕子、雷康寧、静電場朔

 




静電場朔 Dian(読み方:セイデンバサク)

アーティスト/アートディレクター/シンガーソングライター


中国北京生まれ。中国伝媒大学アニメーション学科卒業、東京在住。

幼少期にアメリカ、ヨーロッパ、中東、アフリカなどに滞在。当時の体験は現在の創作のルーツとなり、作家の作品は一貫して現代人の内部を探求するものとなっている。人間の内心を「内宇宙」と定義し、内宇宙のミクロな信号をマクロな宇宙へと拡大する。それを絵画、彫刻、映像などの様々な手法を組み合わせて出力し、内面的な情緒と、情報社会における大量の外部刺激との関連性を表現し続けている。


2012年、北京から東京に拠点を移し、クリエティブレーベルとして株式会社大宇宙釀を設立。

2018年、東京を皮切りに、北京、上海にて個展「墨絵妖怪吐息」を開催。

2019年、世界最大級のアートフェスティバル『大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ』にて神社をコンセプトしたインスタレーション アート展「勿体無」を開催。

2019年に音楽創作ユニット「DiANRadio」を結成、作曲、作詞、ボーカルを担当。

同年、自らの東京ライフをベースにした東京アドベンチャー絵本「东京旮旯」が中国三聯書店より出版し、作家デビューも果たした。


【主な個展】

2018  「化物吐息」 Gallery Jupiter(中国上海)

2019 「勿体無」大地の芸術祭 (越後妻有)

2021 「三つの宇宙(三個宇宙) 」pageone (中国北京)

2022 「Tokyo Galaxy(東京旮旯)展」百新書局 (中国上海)


主なグループ展

2014 「デザイナー100人展」東京芸術劇場ギャラリー(東京)

2016 「大宇宙祭」Ultra Super New Gallery(東京)

2017 「触電 x TOUCHY x 明和電機」Maker Faire (中国西安)

「妖怪吐息」豊国ギャラリー 2018年二人展「スチームパンクの夢に出会った5人の少女」lusso cafe gallery(東京)

2019 「スチームパンク展」lusso cafe gallery(東京)

2021 「怪可愛園遊会」Wrong Gallery(中国北京)

2022 「暴走BOUSOU」SOMSOC GALLERY(東京)

「木,海,人間」SOMSOC GALLERY(東京)

「Reflection Echo」SOMSOC GALLERY(東京)

「対胃好」SOMSOC GALLERY(東京)

「GALAXIA SOMSOC」MDP Gallery(東京)

2023 「ららら ラビット」阪急うめだ本店 Gallery(大阪)

「兎!展」SOMSOC GALLERY & Sootang hobby gallery(東京)

「ブレイク前夜展~次世代の芸術家たち~」Artglorieux GALLERY OF TOKYO (東京)「WHAT CAFE EXHIBITION vol.25」寺田倉庫WHAT CAFE gallery(東京)

「静電場朔×明和電機 超級麻雀音楽展」SOMSOC GALLERY(東京)


メディア出演など

2022 「ブレイク前夜」BSフジアーティスト紹介番組出演



【作品コンセプト】


いつの時代でも私たち人間は自分たちの理解を超えるミステリアスな現象を理解しようとしてきました。


人間は呼吸で外の世界や自分以外の存在とコミュニケーションをしています。口で、鼻で、肌で、物質と情報を吐いて、吸います。この呼吸を一秒も休まずに繰り返しています。コミュニケーションの相手が常に見える存在だとは限りません。彼らも呼吸をし、私たちと同じように物質と情報を体の中に吸い込んで融合しています。


人間は自分たちだけで存在することはできません。他の見えない存在も私たちと同じように命を繋げ、思想が生まれてくるのです。


その見えない存在に我々は「妖怪」という名をつけ、共存しているのです。

 

Comments


bottom of page