top of page

【テレパインタビュー100】フリーイラストギャラリー「ノーコピーライトガール」、フリーで作品使用をOKにする理由とは?春さんにインタビュー!


■Profile

ニックネーム:春

ツイッター:@nocopyrightgirl

ユーチューブ:@Nocopyrightgirl

出身地:日本

職業:イラストレーター












■Art Gallery



――まずはじめに、簡単な自己紹介をお願いします!

「フリーイラストギャラリー「ノーコピーライトガール」の運営・イラスト制作をしている春と言います。よろしくお願い致します」




――絵を描き始めたのはいつ頃からでしょうか?また、美術系の学校などに通ったことはありますか?


「物心ついた時から絵を描く事は好きでしたが、「頭の中の創造をより的確に表現したい」と思い本格的に描き始めたのはノーコピーライトガールを始めた時です。美術系の学校には行ってないです」


――これまでに参加した商業プロジェクト、及びビジネス活動歴について教えてください


「去年からイラストレーターの仕事をするようになって、MVイラストや書籍の装画、クレカ券面イラストなど、いろいろ描かせて頂きましたがすべて心に残る仕事でした。あと画集を商業誌として出させて頂いたのも大きな出来事でした」



「Youtubeで言うと、MIMIさんの楽曲「ハナタバ」のMVイラスト描かせて頂いたのですが、曲の人気のおかげでハナタバの色々なパターンのカバーイラスト見れて結構嬉しいです」


――「ノーコピーライトガール(NCG)」はフリーイラストギャラリーとのことで、春さんはなぜ作品の使用(商用、個人利用に問わず)をOKにしたのでしょうか?


「理由はいくつもあります、1つ目は本格的に絵描くからには多くの人に見てもらいたいと思い、拡散性のあるシステムにしたかった事。2つ目は僕個人の作品においては、作品掲載を縛るメリットが少なかった事。あと3つ目が割と大きいかもしれませんが、僕は自由人と呼ばれる事が多く、割と自由が信条な所があるので上手い具合に自分の信条と、フリーイラストの仕組みがばこッとはまった事が大きい理由なのかと思います。とは言え、クリエイターそれぞれの信条があるので「フリーイラストにしてない絵描きは間違ってる」なんて事は1mmも思わないですけどね。各々の信条が、やり方や作品に出るからこそクリエイターは面白いのだと思います」



――現在に至るまで、ご自身の嗜好に影響を与えた作品をお聞かせください

「中村祐介さんのASIAN KUNG-FU GENERATIONのジャケットイラストです。こんなにアートでクールなイラストがあるのかと、めちゃめちゃ衝撃を受けました。僕の中で「音楽×イラスト=クールでアーティスティック」のイメージが構築された瞬間でした。あの作品がなければ僕は今イラストレーターをやっていなかったと思います」

――作品を見ていると寒色の色が多いように感じました。水色・青とは春さんにとってどんな色ですか?


「最初はそこまで自分が青を愛しているなんて気づきもしませんでしたが、絵を描くことを重ねるうちに気づきました。アンミカさんの「白って200色あんねん」は割とネタではないと思っていて、1つの色の名前で数百種類の違いがあるのに気づかせてくれたのが青だったんですね」



「「春の青、夏の青、秋の青、冬の青、季節だけでもこれだけ違うのか、そのキャラクターの心情によっても違ってくる、ああ青すごい」みたいな」


――創作をする上でのテーマやこだわりをお聞かせください

「「こだわり」というと難しいですが、そこにその人が存在したとして、何を見て何を思っているか考えながら描いてます」



「あと僕は空想と現実のちょうど間くらいが1番面白いと思っているので、「現実では物理的にこうだ」という基礎概念をなるべく壊しながら、生かしながら創作していると思います。あとはインスタなどで作品が羅列した時に全体で綺麗に見えるようにしています」


――ご自身が今まで描いた作品の中で1番印象深い作品は何ですか?そう感じたエピソードも併せてお聞かせください


「作品は我が子のようなもので、どの子もかわいいですが、強いて上げるなら「冬の青に恋をした。」です(NCG335)」



「初めてそのキャラクターがいる空間の空気まで表現出来たような感覚を得られました」


――今後、挑戦してみたいことはなんでしょうか?また、何か告知がありましたらぜひ!


「挑戦したい事はたくさんあって、例えば音楽とイラストを絡めた企画を考えてたりします(まだ構想段階ですが) 告知でいえば、まだ公表できないですが仕事絵で書籍の装画や、Vtuberさんのデザイン、その他も色々やらせて頂いているので、公開した際はよろしくお願い致します!」


――インタビューありがとうございます! 最後にファンに一言お願いします!

「いつもありがとうございます!フォロワーさん、相互さんたちの作品への反応ひとつひとつが僕の糧になり、前に進むエネルギーになっています。これからもよろしくです!」


 

■ライタープロフィール

ニックネーム:sasamoto chihiro

出身地:日本・東京都

ツイッター:@tiam_00

自己紹介:2021年に日本大学芸術学部文芸学科を卒業後フリーでライターをしております。


アニメ文化とアンティーク雑貨と絵を見ることが好きで、物語だと西洋ファンタジーやバトル系、耽美さを含んでいるものが好き。おすすめされたらオールジャンルなんでも見ます。


現在は「アニメイトタイムズ」「クウネル・サロン(マガジンハウス社)」「リアルサウンド」などで活動中。

 

ホビーテレパ運営会社の株式会社ジニヤズでは、若手クリエーターたちの作品や発想、活動をインタビューを通して世界中の多くの人々に伝えることを応援しております。


多言語(日中英)翻訳と情報発信のサポート、ビジネスチャンスのクロージング斡旋も行っております。インタビューや業務提携などのご希望がある方は、お気軽に「お問い合わせ」までご連絡くださいませ。

Comments


bottom of page