【テレパインタビュー㊶】医学も絵も私の人生です! オランダ出身の医学生&イラストレーター、癒しと温もりのある作風が魅力のJauni先生にインタビューしました!

更新日:9月21日


■Profile


ニックネーム:Jauni / Tofublock

ツイッター:@tofublock

インスタ:@jaunini

出身地:オランダ

職業:イラストレーター&医学生








■Art Gallery


─── ではまず、簡単な自己紹介からお願いします!

Tell us about yourself!


「みなさん、こんにちは! Jauni(ジャウニ)と申しますが、別名は「Tofublock(豆腐ブロック)」です。現在は医学生で、来年卒業する予定です。フリーランスのイラストレーターとして、可能な限り空いた時間に絵を描いています。


Hello everybody! I am Jauni, also known as ‘tofublock’. Currently, a medical college student and will graduate next year. I am also a freelance illustrator and I try to draw as much as I can in my spare time」



─── 美術はいつ頃から学びましたか? 創作の道に進むきっかけや啓発は何だったのでしょうか?

How long have you been learning to draw? What is the opportunity and enlightenment for you to learn drawing?


「子供の頃からよく絵を描いていました。今でも実家の壁に落書きをたくさん残しています、ハハハ。そして13年前くらいから、いろいろなアートイベントに参加するようになりました。そのときに私は「Neopets」というサイトで活動していました。ネット上にペットを飼えるサイトで、多くの人がペットのオリジナルキャラクターや擬人化アートを作っていたんです。これらの作品に驚いたのが私がオンラインアートに出会ったきっかけです。彼らと同じことをしたかったんですね。それ以来、私は自分のアートを向上させるために様々な試みを行いました。想像力を自由に働かせて作品を作ることができるのは楽しいことですよね。

I liked to draw when I was a child, and I also left a lot of graffiti on the walls in my parents' house haha. When I started practicing a lot of art around 13 years ago, I was active on a website called "Neopets". It's a site where you can adopt pets and a lot of people would make original characters and anthropomorphic art of their pets. That's kind of how I started getting in touch with online art and it amazed me! I wanted to do the same thing as them. I have been trying to improve my art ever since! It's a lot of fun being able to create art pieces and to let my imagination run loose」



─── 美術学校には通われていたのでしょうか?

Have you attended any art school?


「高校生の時に検討はしたものの、実は美大専門の学校には行っていないんです。今のところ、高校時代の美術の授業と、大学時代の美術の選択科目しか美術関係の経験はないんです。もし、実際に美術関係の学校に行っていたら、今の自分の絵はどうなっていたのだろうと思うことがあります。


I actually don't attend an art school, though I thought about it when I was still a high school student. For now, my only relevant art school experiences are art classes in high school and an extra semester course I took in art during university. Sometimes I wonder what my art would look like if I did attend an art school」


─── 医学と絵画は全く異なる分野のように聞こえますが、先生から見て両者の間に何か関係はあるのでしょうか?

Medicine and painting sound like are completely different fields. Could you please tell us if is there a connection between them for you?


「両者はまったく異なるものですが、関連性も高いと思います。特に、絵を描くことが人体の外部構造や内部構造、解剖学に関わることになる場合はなおさらです。どちらも、体の動きや筋肉の位置などを理解することが必要です。そのため、 芸術家は、古代の医学界に大きな貢献をしました。例えば、レオナルド・ダ・ヴィンチは死体を解剖して解剖学を研究し、その成果を芸術作品にしました。現在では、医学の世界に特化した絵を描くメディカルイラストレーターも存在しています。私も、SNSで作品を発表するだけでなく、メディカルイラストレーターとして活動しています。自分の画力を発揮しながら、自分の専攻に生かすことができればと思っています!


They are quite different but I believe that there is a lot of correlation too. Especially when it comes to the human body from the outside and inside, the anatomy. We both need to learn how the body moves, where certain muscles are placed, and so on. Artists have contributed a lot to the world of medicine in the older times. Leonardo Da Vinci would dissect corpses to examine the anatomy and make art of his findings. Today there are also medical illustrators whose art is dedicated to the medical world. Besides my drawings that you see on social media, I also work as a medical illustrator. I feel like I can really showcase my art skill and apply it to my major」



─── 医学と絵画の勉強をどのように両立させたのですか? 先生にとって、それらはどのような意味を持つのでしょうか?

How did you balance your studies in medicine and drawing? What do you think they mean to you?


「最初は両立が難しいと思っていたのですが、今では楽にできるようになりました。勉強のために絵を描くことを諦めたときは本当に悲しかったけど、今は両立できて本当に幸せです。週に1回、月に1回しか描かないこともありますが、それはそれでいいんです。自分のために何かを描けるというのは、私にとってのリラックス手段でもあります。また、学業や生活費を支えるために、絵の依頼を受けることもあります。医学と絵画はどちらも私の人生の重要な部分であり、これを老いるまで続けたいと考えています。


I thought it would be difficult to juggle both of them at first. But now I think it's still quite manageable. I would've been really sad to give up drawing because of my studies but being able to combine them makes me really happy. There are times when I only draw once every week or maybe once every month but it doesn't matter to me. It's also a way of relaxation for me to be able to draw something for myself. I also take up commission sometimes and they help finance my studies and living expenses. Medicine and art are both big parts of my life, I hope to continue like that until I'm old」


─── 先生の作品は色彩が豊かで温かみが感じられますが、普段はどのような質感や道具を使って作風を表現されているのでしょうか? また、どのように今のスタイルに発展していったのでしょうか?

Your work is colorful and warm, what textures or tools do you usually use to reflect your style? How did you develop your style?


「若い頃、「Oekaki」というサイトでたくさん絵を描いていました。このサイトは、自分専用のオンラインペインティングソフトウェアのプラットフォームを持っているようなもので、構成はとてもシンプルでツールも少なく、ページ外から何かをコピーしたりペーストしたりすることはできません。だから、ある意味、自分で考えて色を選ぶことを強いられるんです。また、カラフルで温かみのある絵を描くのがとても好きで、それは私の性格を反映していると思います。今では、ペイントツールSAI、クリップスタジオペイント、Photoshopなど、より高度なソフトを利用して、ペイント作業全般を助けてもらっています。


私のスタイルはこの数年で大きく変わりましたが、いつも同じ雰囲気で、あのソフトなスタイルを踏襲しています。練習を重ねてインターネットでフォローしているアーティストや友人たちから多くのことを学びました。これらは自分のコンフォートゾーンから抜け出し、自分のスタイルを向上させ、発展させるのに役立ちました。それまで風景画を描こうと思ったことはなかったのですが、いつかは乗り越えようと思っています。そのために、今は人物よりも風景を描くことが多いですね。


When I was younger I would draw a lot on 'Oekaki' sites. It's like online art platforms with their own web art program. It's a very simple art program with minimal tools and you cannot copy or paste anything from outside the art program onto it. So in a way, it forced me to think and pick colors on my own. I also just really like making colorful and warm art so it's a reflection of my personality in a way! Now I have a lot of fancier programs like Paint Tool SAI, Clip Studio Paint, and Photoshop that aid me in my drawing process.


My style made many changes over the years but it always followed the same kind of feeling, such as softness. But I did a lot of practicing and I also learned a lot from following online artists and friends. Stepping out of my comfort zone helped me improve and develop my style. I used to never want to draw landscapes but one day I decided I wanted to overcome it. Nowadays I draw more landscapes than humans」



─── 絵を描く過程で気になることを教えてください

Can you talk about what's the important thing to you while drawing?


「絵画は、ディテール、構図、感情など、すべてが重要な役割を担っていると思います。これらの要素がすべて揃うことで、まとまりのある絵になるのだと思います。


I think a painting should be made up of these things like details, composition, emotion etc. Everything plays an important part while drawing. It should all come together to make one cohesive painting! 」


─── 風景や雲がお気に入りのテーマのようですが、普段から写真もお好きなのでしょうか? いつもはどんなところからインスピレーションを得ているのでしょうか?

Landscapes and clouds are your favorite themes. Do you also like photography? What is your inspiration usually based on?


「そうです、私は写真が大好きなんです。屋外を歩いているときや旅行先でよく撮影しています。残念ながら、高価なカメラがなかなか買えないので、携帯電話付属のカメラで撮影することが多いですね。


見たもの、撮ったものからインスピレーションを得ています。何かインスピレーションを受けたと感じたら、たいてい写真を撮ります。だから、私のインスピレーションの多くは、日常生活から得られるものです。でも、インターネットからインスピレーションを得ることもあります。インターネットは巨大な空間で、写真、ビデオ、絵、ほとんど何でも見ることができます。外に出なくても、インターネットにはすでに何千枚ものさまざまな風景の写真が掲載されているのです。また、ふとした瞬間にインスピレーションが湧くこともあります。時々、頭の中にアイデアが浮かんで、それを描いてみることもあります。


Yes, I love photography! I often make photos when I take walks outside or whenever I'm traveling. I sadly can't afford a big expensive photo camera so, for now, I am making a lot of photos with my phone camera.


I get inspiration from the things I see and take photos of, and usually decide to take a photo of something if I feel like it inspires me. So a lot of my inspiration comes from daily life but I also get inspiration online. The internet is huge. You can see photos, videos, drawings, everything without going outside, the internet will already show thousands of pictures of different landscapes. On other occasions, the inspiration just pops up in my head out of nowhere. I would just suddenly think of an idea and I would try to draw it」


─── 絵を描く上でのチャレンジや印象に残っていることを教えてください

What's the most challenging thing you've ever faced as an illustrator? However, what's the most impressive thing that happened to you as an illustrator?


「一番難しいのは、ソーシャルメディアからのプレッシャーだと思います。アーティストである以上、少なくとも一度は他人と自分を比較しないわけにはいきません。他の人と比べて自分が劣っていると落ち込んだり、自分の作品があまり注目されないとイライラしてしまう時期がありました。幸いなことに、私はそのような感情を乗り越えることができました。でも、これは絵の初心者だけでなく、若手アーティストにも共通する悩みだと思うんです。


私にとって最も魅力的なことは、私の絵を気に入ってくれる人がたくさんいるということです。こんなに多くの人が私の作品を気に入ってくれるとは思ってもみませんでした。私にとって、仕事と絵画を同時に行えることが一番の望みです。 時には、別の人生を歩んでいるような不思議な気持ちになります。


I think the most challenging is the pressure of social media. It's difficult to stop comparing yourself to others at least once as an artist. I had periods where I would feel disappointed at myself for not being as good as others or I would get upset if my artwork did not receive much attention. I have matured from that luckily but I think it's a common struggle among beginning artists and also novice artists.


The most impressive thing is how many people like my art! I would have never imagined for this many people to like it and for me to be able to do work with my art. It really feels so strange sometimes, like a different life almost」


─── 好きな日本のアニメ、コミック、映画、ゲームについて教えてください

Can you tell us your favorite Japanese anime, comic, movie, or game?


「ポケモンシリーズは本当に大好きです! ずっとアニメを見たり、ポケモンのゲームをやったりしています。思い返したり、エピソードを見直したりすると、懐かしさと喜びを強く感じることができます。スタジオジブリの映画も同様です。また『クレヨンしんちゃん』も大好きです! 若い頃、よく見ていました。アニメーション自体もシンプルながら魅力的で、ストーリーもかわいくて面白いです。他に好きなアニメは、冨樫義博先生の『HUNTER×HUNTER』と荒川弘先生の『鋼の錬金術師』です。


I really love the Pokémon franchise! I would always enjoy anime and playing Pokémon games. When I flashback or rewatch episodes it gives me a big sense of nostalgia and a happy feeling. The same goes for Studio Ghibli movies. I also like Crayon Shin-Chan! I would watch it a lot when I was younger. The animation is simple but very appealing and the stories can be cute and funny. Other animations that I love are HUNTER×HUNTER and FULLMETAL ALCHEMIST」



─── もし、先生の作品が商品化されるとしたら、どのような形にしたいと考えていますか?

If your work were to be commercialized, what kind of goods would you like it to attempt?


「新型コロナウイルスが流行る前は、周辺グッズを作って展示したりもしていました。あの頃が本当に懐かしいですね。大変でやりがいのある仕事で、自分の作品のためにプリントやキーホルダー、エナメルピンを作ったりしていました。今後は、ドイツやフランスなど近隣の国での展示も予定しています。今は新型コロナウイルス感染警戒レベルがそれほど厳しくないので、将来、またオランダで展示する機会があるといいなと思います。商品としては、洋服やバッグなどのファッション小物にプリントするのも面白いかもしれませんね。


I used to make goods and attend conventions as well before the COVID pandemic. I really miss those days! It was a lot of hard work but very satisfying. I would make prints, keychains, and enamel pins of my artwork. For conventions, I would travel to neighboring countries such as Germany and France. I hope that in the future I can attend again now that regulations are less strict. I think it would also be fun to be able to make prints on clothing or fashion accessories like tote bags」


─── Jauni先生、インタビューありがとうございました! 最後にクリエイター仲間やファンに一言お願いします!

Thank you for being interviewed, is there any words like to say to your followers?


「インタビュー記事を読んでくださった方、そしていつも応援してくださっている方、本当にありがとうございました! 皆さんに感謝を申し上げます。私からお伝えしたいのは「ベストを尽くせ!」ということです。どうか自分の力を信じて、これからも自分の情熱を貫いてください!」


Thank you for reading my interview and thank everyone who has supported me. I am very grateful. A message I want to give is: Do your best! You can do it! Follow your passion!」

 

Jauni先生の最新作品情報と商品化企画は、ホビーテレパにて告知していきます。ぜひお楽しみに!

閲覧数:50回