top of page

【テレパ実物レビュー58】チームっぽさが魅力のミニチュアゲーム原作フィギュア! 「アリアドナ・マローダーズ」は4人全員買うべし



 ゲームズワークショップの『WARHAMMER』シリーズのフィギュアも発売しているJOYTOY。それに続いてミニチュアゲームをフィーチャーしたアイテムが発売されているのをご存知でしょうか。今回ご紹介する「アリアドナ略奪者小隊 5307th レンジャーユニット」も、ミニチュアゲーム『Infinity』とコラボしたフィギュアです。


 『Infinity』はCorvus Belli社から発売されているミニチュアゲームで、アリアドナはゲーム内の一勢力の名称です。今回ご紹介する4体はこのアリアドナの同一部隊に所属している兵士たちということで、基本的に似たような装備品を身につけつつ、武器や役割に応じて細かいところにちょっとずつ差があります。ミリタリーっぽくていいですよね、そういう差……。あと、商品名を翻訳すると「略奪者小隊」ではあるのですが、直訳だとちょっとニュアンスが変なので、ここでは原語のまま「アリアドナ・マローダーズ」表記でいきたいと思います。


レンジャーユニットの皆さんには特に固有の名前などはなし。この人は箱に「1」と書いてあるだけです

1番氏を開けると、中身はこんな感じ。割とシンプルですがピストルはホルスターから引き抜けます。武器が散弾銃っぽいし、この人がポイントマンなんでしょうか

こちらは2番氏。ゴーグルつけてます

2番氏の武器は(多分)アサルトライフル。腰にナイフがついてたりして、微妙に1番氏と装備が違うのがニクい

こちらは3番氏。ミサイルランチャーっぽいものを持ってます

この人が一番重武装でして、武器は軽機関銃とミサイルランチャー。マシンガンナーというか、重火器担当っぽいセットです

4番氏のチャームポイントは暗視ゴーグル。この人はマークスマンっぽいですね

武器はスナイパーライフル(もしくは長いサプレッサーをくっつけたアサルトライフル)。双眼鏡もついてます


背面の装備は全員同じ。ナイフの取り付け位置はフィギュアによって違います


 商品自体は「フィギュア本体+交換用手首と武器」という感じで、なかなかシンプルな内容。だいたいみんな同じような装備を同じように取り付けていますが、腰にナイフがあるかないか、ゴーグルをつけているか否かなど、細かいところに差があるあたりはなかなかトンチが効いています。また、ポイントマン、ライフルマン、マシンガンナー、マークスマンという仕事の違いがぱっと見で把握できるのもいいところ。この「役割が被っている人がいない感じ」は、なんだかミニチュアゲームのコマっぽいなと思います。


意外に「平手」の使い道がある

体格の割に足が大きいので、意外と片足でも立つ! 




 適当にポーズをつけて遊んでみたわけですが、やっぱりフィギュア4体がほぼ同じ装備で揃うと、チームっぽさが出ていいですね。単体で遊んでも楽しいんですが、やっぱり1チームの4人を並べて遊ぶとポージングの幅も倍増。ミサイルを再装填したりポイントマンを先頭にパトロールしたりと、やれることが大きく増えます。並べた時に見栄えもするし、これはやっぱり4人セットで遊んでほしい。


つま先が動くと嬉しいよね!


 可動に関しては良くも悪くも「いつものJOYTOY」という感じ。肘や膝は二重関節、胴体も回転や前後スイングができ、よく動くフィギュアだと言ってしまっていいでしょう。ただ、今回は全身にゴツい装備品を山盛りで取り付けている都合上、どんなポーズでも自由自在……とはちょっと言いづらい。装備品同士が干渉して、遊んでいる時にポロッと武器が落ちちゃったりするので、動かすときはちょっと注意が必要です。


 あと印象的だったのが、つま先に可動軸が入っている点。JOYTOYのフィギュアでつま先が稼働すること自体はそこまで珍しいわけでもないんですが、今回はフィギュアの体格がよく足も大きいので、つま先が折れるとポーズがグッと安定します。膝ついたポーズとか、つま先が折れてないと嘘っぽくなっちゃうし。



 というわけで、アドリアナ・マローダーズの皆さんでした。やっぱり「基本的には同一装備なんだけど兵科や役割に合わせてちょっとづつディテールが違う」というチームがフィギュアで揃うといいですね! 単体でも遊びがいはありますが、これはやっぱり複数組み合わせて遊んでほしいアイテムです。

 また、同じミニチュアゲームとのコラボでも、『WARHAMMER』とはテイストが大きく異なるのも面白いポイント。『Infinity』の方が現用の歩兵っぽい雰囲気が残っているので、こちらの味付けの方が馴染みがあるという人も多いのではないでしょうか。ミニチュアゲームのファン以外にも、例えばミリタリー系の3.75インチフィギュアを集めているような人にはオススメしたい……そんな内容のフィギュアでありました。


商品情報:

 

■ライタープロフィール

ニックネーム:しげる 出身地:日本・岐阜県 自己紹介:フリーライター。ホビー誌などでいろいろな原稿を書く傍ら、毎月けっこうな量のオモチャを買って遊びながら暮らしています



Comentarios


bottom of page