top of page

【テレパ実物レビュー56】JOYTOY『暗源江湖』シリーズ!細部まで精巧に表現された1/18サイズのフィギュアで繰り広げられる多彩なアクション!

記事をご覧の皆様、こんにちは!かわいいものオタクのくまやです。


前回に引き続きフィギュアのレビューをしていきます!現在、20体近くフィギュアをお迎えしていますが、可動式の子はかなり少ないのでアクションができるタイプのフィギュアを体験できるのはレビュー記事ならではです!


今回レビューしていくのはJOYTOYからリリースされた暗源江湖シリーズの1/18スケールのアクションフィギュア「太常教 丁青(テイセイ)」、「武尊派 岳騰天(がく とうてん)」、「藏武寺 無念和尚(むねん おしょう)」の3体!


そして、レビューしていく暗源江湖シリーズは現在小説にて連載中!日本語版のリリースをお待ちください!


私がお迎えしているアクションフィギュア自体は、アニメ系の子が多いので小さいサイズかつ、リアル調のものは初めてです!それではレビューしていきましょ〜!

 

まずは、外箱から!黒いパッケージから重厚感を感じられて、触った感じはマットな質感をしています。今回は1/18スケールのアクションフィギュアということで、小ぶりなフィギュアのようですがパッケージを見る限り、とても繊細な作りなのが予想されます!



やっぱりブリスターに入っているフィギュアは最高です……!!丁青(テイセイ)さんはハンドパーツと武器がついています。騰天(とうてん)さんと和尚(おんしょう)さんはハンドパーツがメインです!いろんなポージングが楽しめそうですね



まずは丁青(テイセイ)さんから!二枚重ねの羽織と黒の服の色合いがかっこいいですね。羽織の靡いている造形が撮影の際に映えそうです!



別角度からも撮ってみます。結われている髪や腰の金具も小さなサイズながら質感がかなりリアルに表現されています!



剣を持ってもらいました!武器とポージングを合わせると一気に魅力が増します!凛々しい表情が空気感を一層引き立てているように感じますね〜!


付属の剣だけでなく鞘もセットなので色んな角度やポーズから撮影できて何枚でも取れちゃいそうです!


続いては、岳騰天(がく とうてん)さん。濃紺の装束に朱色のような装飾がされています。マスクをしているので表情が読みにくいところがクールでかっこいい印象を受けました!



アップめでの撮影。首周りの毛皮?も朱色に染まっていておしゃれな感じで、脛当てのデザインもツノが生えた獅子のような動物が施されていて眺めているだけで楽しいです。



ポージングして撮影してみました。ハンドパーツを変えて撮ってみたんですが少しパーツを変えるだけかなり違って見えるので工夫次第ではもっとカッコよく撮影できそうだと感じました。


そして最後は無念和尚(むねん おしょう)さんです!スキンヘッドに髭をたくわえていて、落ち着いた赤色のマントが特徴的で渋さを感じます…!

和尚さん、先の2人とは打って変わって金の装飾が多いです。肩や腕だけでなくお腹周りにも金色の装飾を身につけています!装飾の色味と赤色の布の質感が相性バッチリですね…


ポージングしてみました!角度や撮影する高さによって同じパーツを使っていても画角でかなり雰囲気が変わるのが楽しいですね。最後に付属のパーツ以外の小道具を使用して撮影していきます!



百均で購入した玉座を使用してみました。最初は座れるか心配だったんんですが、余裕で座れて安心しました笑!皆さんにぴったりのサイズ感です。



正面からのショット!重厚感が凄くて撮っていて楽しい…。本人たちの表情と相まって世界観がグッと引き出された気がします!


縦構図で撮ったり…斜めから撮ってみたり……時間があっという間に過ぎていきます!

無限に撮影してしまいそうですが……最後は全員並べて撮影してみました!一人一人でも迫力があるのに全員が一つの画角に収まると圧巻ですね!


今回はアクションフィギュアを3体一気にレビューしたので、かなりボリュームはあったもののキャラそれぞれ特徴と1/18サイズ特有の繊細な造形があってじっくり楽しめました。アクションフィギュア自体は遊んだこともありましたが、小さめなサイズは初めてだったので新鮮な気持ちでレビューできました。


JOYTOYからは暗源江湖シリーズだけでなく、様々なフィギュアがリリースされていますのでぜひチェックしてみてください!

 

【商品情報】

 

■ライタープロフィール


ニックネーム:くまや


出身地:東京都


自己紹介:かわいいものが好きで普段はお絵描きしたり、ハンドメイドのアクセサリー売ったり…無属性ぬいぐるみやドールもお迎えしてるやりたいこと多すぎる人。






 

Comments


bottom of page