top of page

【テレパインタビュー89】『マダムが教えてくれたこと』(KADOKAWA)を出版した経緯とは?───イラストレーター兼漫画家・ユニカ先生にインタビュー!



■Profile

ニックネーム:ユニカ

ツイッター:@ca_2_u

出身地:日本

職業:会社員・イラストレーター・漫画家












■Art Gallery



───まずはじめに、簡単な自己紹介をお願いします!


「ユニカ/UNICAと申します。現在は会社員をしながらイラストや漫画を描いたり、インスタレーション作品を制作したりしております。宜しくお願い致します」


───絵を描き始めたのはいつ頃からでしょうか?また、これまでの経歴を改めて教えてください


「絵は幼い頃からずっと描いていました。一人っ子だったので遊び相手がおらず黙々と…笑」



「漫画は大学受験の現実逃避的に描き始めました。1作目は当然落選しましたが、2作目は有難い事に引っ掛かってくれて漫画に自信がつきました。その流れで漫画で動き回る人体に魅了され、人体への理解が深まると思い武蔵野美術大学彫刻学科へ進学しました。その後は漫画ではなく立体作品制作に没頭し東京藝術大学大学院に進学したのですが、コロナの影響で1年間休学しました。身動きがとれない1年で、机に噛り付く漫画に立ち返り、『マダムが教えてくれたこと』を真剣に描き始めました」


───絵を描く上でのテーマやモチーフはなんですか?

 

「テーマというか、意識している事は「なにかの動作・仕草のどこか一瞬」です」


「「ハイ、チーズ!」的なポーズも好きですが、動きのある絵が個人的には好きで一枚で動きの前後が想像できる様な絵を意識しています。キャラが生きている様な感覚を見ている方々に伝えたいです。こういうのが好きなのも漫画を描いていたり、彫刻科で人間を沢山デッサンしてきたからなのかなと思っています」


───『マダムが教えてくれたこと』(KADOKAWA)を出版されていますが、こちらの作品が誕生した経緯をお聞かせください


「こちらは実話が元になっています。当時、喫茶店でアルバイトをしていたのですがそこで話しかけていた御婦人が作中のマダムのモデルです。先程と重なりますが、私が進学に伴い喫茶店を辞めたタイミングで、丁度コロナになってしまい勉強が思う様にいかなくなってしまったので、机に噛り付く漫画に立ち返りました。その際、素敵な「思い出」だけだったマダムとの会話を思い出し、形に残しておこうと『マダムが教えてくれたこと』を描き始めました」


───現在に至るまで、ご自身の嗜好に影響を与えた作品や好きなジャンルをお聞かせください


「とにかく映画と漫画が大ッッ好きで片っ端から観て読んでいます。中でもSFやサスペンス、音楽要素が多い物が好きで、ハラハラしたりワクワクしたりする事が楽しいです。直接絵に影響しているかわかりませんが『ベイビードライバー』という映画には何度もワクワクさせられてきました。こういう体験を自分の作品からも放てたらいいなぁと思って描いています」


───また、ご自身が今まで描いた作品の中で1番印象深い作品(イラスト)は何ですか?そう感じたエピソードも併せてお聞かせください


konoco様・RSoundDesign様の楽曲『Android』で担当した作品です」



「初めて楽曲イラスト依頼を頂き本当に本当に嬉しく楽しく描いた思い出のイラストです。楽曲や歌声から想像を膨らませイメージとして描き起こす事はとても自分一人ではできない、貴重な体験でした」




───続けて、『マダムが教えてくれたこと』以外の漫画もぜひ見せて下さい!


「最近は描けていないのですが、『隠れてタバコ吸ってるメイドさん』というシリーズ等を気に入って描いています。はじめてバズったキャラクターで思い入れもあります」



「こちらに載せた話は2019年のもので文字も絵もぐちゃぐちゃで拙いのですが、セリフも含め今でもとても気に入っている話です」



「これ以外にも、貞子の髪を切ろうとする美容師の話とかクレーマー対応するコンビニ店員の話等くだらないギャグ漫画も度々描いています(笑)」


───尊敬するクリエイターさんを教えてください


「作り続ける方全て尊敬しています…。強いてあげると、手塚治虫氏を尊敬しています。飽きない漫画のコマやキャラの動きもとても印象的で、沢山漫画を描く参考にしました。なにより物語がずっと心に残ってます」


───これまでに参加した商業プロジェクト、及びビジネス活動歴について教えてください


「『マダムが教えてくれたこと』の出版をはじめ、konoco様・RSoundDesign様の楽曲『Android』のイラストを担当、配信者のサムネイル作成、アパレルブランドのロゴ制作等を行っていました」


───今後、挑戦してみたいことはなんでしょうか?


「小説や雑誌の絵、音楽のイラスト等をやってみたいです!小説も音楽も私が大好きなものなので是非お仕事してみたいです!よろしくお願いします!!」


───インタビューありがとうございます! 最後にファンに一言お願いします!


「私がこうして作り続けていられるのも、素敵な感想等のお言葉をくださる皆様のお陰です。本当に心から嬉しく思っております。これからも、沢山勉強して沢山描いて沢山素敵なものを皆様に届けられるよう頑張ります!!」


 

■ライタープロフィール

ニックネーム:笹本千尋 -sasamoto chihiro-

出身地:日本・東京都

ツイッター:@tiam_00

自己紹介:2021年に日本大学芸術学部文芸学科を卒業後フリーでライターをしております。


アニメ文化とアンティーク雑貨と絵を見ることが好きで、物語だと西洋ファンタジーやバトル系、耽美さを含んでいるものが好き。おすすめされたらオールジャンルなんでも見ます。


現在は「アニメイトタイムズ」「クウネル・サロン(マガジンハウス社)」「リアルサウンド」などで活動中。

 

ホビーテレパ運営会社の株式会社ジニヤズでは、若手クリエーターたちの作品や発想、活動をインタビューを通して世界中の多くの人々に伝えることを応援しております。


多言語(日中英)翻訳と情報発信のサポート、ビジネスチャンスのクロージング斡旋も行っております。インタビューや業務提携などのご希望がある方は、お気軽に「お問い合わせ」までご連絡くださいませ。

תגובות


bottom of page