top of page

【テレパイベントレポート17】東京・蔵前駅にて開催中!イラストレーター・めばち先生による個展「肖像の夢(ゆめのゆめ)」をレポート

今回、筆者が訪れたのは東京都台東区、大江戸線「蔵前駅」A5出口から徒歩3分に位置するセレクトショップ&ギャラリー「TOKYO PiXEL. shop & gallery」。



2023年4月5日〜16日(前期)、4月19日〜30日(後期)にて開催されているイラストレーター・めばち先生(@mebachi)による個展「肖像の夢(ゆめのゆめ)」へやってきました。



会場入り口へ到着すると、めばち先生のキャラクターの等身大パネルがお出迎え。このシーズンといえば、新たな出会いと別れの季節ですね。扉を開けて中に入ってみると、制服を身に纏った少女たちの絵がずらりと並べられていました。尋ねてみたところなんと45名が描かれているそうで、なんだか卒業アルバム(または入学写真)を開いてみた時のような懐かしさが感じ取れました。



そして、在廊されていためばち先生に本展について伺ってみるとことに。


「2021年にも作品集『ゆめの水平線』(エムディエヌコーポレーション)の出版記念で個展をさせていただいたのですが、そのご縁でこちらのギャラリーのオーナー・大図さん(@makotooozu)から今回もお声がけいただき「肖像の夢(ゆめのゆめ)は開催することが叶いました」


「ちょうど、去年の今頃に声をかけていただいたのですが、(大図さんが)春の隅田川を歩いている時に私(めばちさん)の絵が思い浮かんだそうで、卒業と春休み、新生活へ向けた準備のタイミングで個展をするのはいかがですか?と言われ、そんな時期にできたら素敵だなと思い現在に至ります」



この展示のために描き下ろした45名の少女の作品は、ラフを全員分描いて1セット、色を乗せる作業全員分で1セットと1日ごとに工程を分けて制作しているようで、理由を伺ってみたところ、同じ日に撮った写真という風にしたいという気持ちもあるため、別の日に描くと違う日に描いた(同じ日の写真ではない)っていうのが分かってしまうからという言葉が。こだわりを強く感じた瞬間でした…ご来場の際には、ぜひひとりひとりの表情を見つめてみてください。



ほかにも集合写真の作品は、グッズのステッカーやイラストカードに登場する20名の少女たちが描き出されています。



イラストカードではこれまたこだわりが窺えます。写真がお好きということもありカメラ屋さんに頼んで実際に写真を現像する時に用いられている印画紙にイラストをプリントしたのだそう。イラストカードを裏返してみると「FUJIFILM」の文字が。学生時代によく目にした御写真申込袋にイラストが入っているため、ここでも懐かしさを感じるかと思います。



続いて、こちらの3作品は過去に制作された作品たちです。



一番左の作品はバンドkurayamisakaさん(@kurayami_saka)のジャケットイラストでほか2作品は2017年に出した同人誌で描いた作品とのこと。



会場の真ん中には学校でよくみる机の上に置かれたフィギュアなど受注販売のグッズたちが。作品集の表紙にもなる活版印刷の版も展示されていますので是非チェックしてみてください。


入り口付近の白い机の上には作品集『ゆめの水平線』や展示のDM、先生へのメッセージノートが置いてありました。


▲artisantoy社(@ArtisanToy)によるフィギュア



\グッズ売り場も/ 


来場者限定でオリジナルシール(全10種)を作ることができる機械も…!自分の名前を入れてノートなどに貼りたくなりますね。とても可愛く、種類も豊富なのでどれにしようか迷ってしまうこと間違いなしです。



実はグッズのために絵柄を若干変えて絵を描くのがお好きとのことで、グッズ売り場を見てみると先生のアイコンと言っても過言ではないオリジナルキャラクター「めばちちゃん」や本展の少女たち、以前より販売していたグッズなどそれぞれの絵に触れることができます。




最後には、先生よりご来場者の皆様へ一言をいただきました。


「こう見て欲しいという気持ちはないので…この展示で感じたことは自由というか、なにをどう思っていただいても構いません。ぜひ見にきてください」


めばち先生のこだわりと想いがたくさん詰まった本展、2023年4月5日〜16日(前期)、4月19日〜30日(後期)に分かれて4月いっぱい開催されていますので足を運んでみてください。

 

■めばち個展「肖像のゆめ」

会期:2023年4月5日(水)〜30日(日)

前期:2023年4月5日(水)〜16日(日)

後期:2023年4月19日(水)〜30日(日)

※期間中の定休日10(月)、11(火)、17(月)、18(火)、24(月)、25(火)

※週末は入場予約制

時間:12:00-19:00 ※前期後期の展示最終日は17:00終了

※前期と後期で作品の一部が入れ替わります。


■会場

TOKYO PiXEL. shop & gallery


住所:東京都台東区寿3丁目14−13 寿ビル 1F

TEL:03-6802-8219

 

■ライタープロフィール

ニックネーム:sasamoto chihiro

出身地:日本・東京都

ツイッター:@tiam_00

自己紹介:2021年に日本大学芸術学部文芸学科を卒業後フリーでライターをしております。


アニメ文化とアンティーク雑貨と絵を見ることが好きで、物語だと西洋ファンタジーやバトル系、耽美さを含んでいるものが好き。おすすめされたらオールジャンルなんでも見ます。


現在は「アニメイトタイムズ」「クウネル・サロン(マガジンハウス社)」などで活動中。

 

ホビーテレパ運営会社の株式会社ジニヤズでは、若手クリエーターたちの作品や発想、活動をインタビューを通して世界中の多くの人々に伝えることを応援しております。


多言語(日中英)翻訳と情報発信のサポート、ビジネスチャンスのクロージング斡旋も行っております。インタビューや業務提携などのご希望がある方は、お気軽に「お問い合わせ」までご連絡くださいませ。

Comments


bottom of page