• sasamoto chihiro

【テレパイベントレポート②】SOMSOC Gallery「作画展『占いちゃんは決めきれない!』presents 迷える子羊感謝祭」に潜入

更新日:11月22日

今回、イベントレポートで訪れたのは原宿駅から徒歩7分の「SOMSOC Gallery」。

11月12日(土)~20日(日)間で「作画展『占いちゃんは決めきれない!』presents 迷える子羊感謝祭」が開催されているので、さっそくですが「今人気の『占いちゃんは決めきれない!』の作画展、実際どんな感じなのか?」潜入してきました!

特設情報サイト:https://www.uranaichan.net/event


■道案内



まずは初めに簡単な道案内。(右にスライドしてください)

わたしがギャラリーに訪れた日はあいにくの雨模様でした。


行き方は至ってシンプル、原宿駅竹下口を出て目の前にある竹下通りをまっすぐ進んでいきます。

竹下通りの出口になると、ムラサキスポーツの大きな黄色い看板が目印。看板の前にある横断歩道を渡って左側に目を向けると白い壁の「SOMSOC Gallery」が!



ムラサキスポーツの前の横断歩道を渡る前から、左側にSOMSOC Galleryが見えていたのでかなり分かりやすい立地だなと感じました…!


近くで見たギャラリーの外観はこんな感じです。


聞いたところによると、日本に来た海外の観光客も訪れるようです。たしかに、この絵柄ついつい見てしまう。



2Fは“占い”要素が満載 作中シーンがギュッと詰め込まれたアートギャラリー!


いよいよ2Fのギャラリーにお邪魔させていただくと、登っていく階段からもうすでに作中シーンのイラストがずらりと展示されていました。登るところから目を楽しませてくれましたが、2Fは想像以上に『占いちゃんは決めきれない!』ワールドが溢れていました。



正方形のキャンバスにプリントされた占いちゃんのイラストがめちゃめちゃ可愛くてテンション上がりました。お家に飾りたいと思ってしまうほど!(実際に販売もしていました)



ギャラリー前方には占いちゃんのスクリーンが。


後はいかにも占い!といった感じで占いちゃんの館マヌルの看板が置いてありました。余談にはなるのですが、占いちゃんの職場が六本木なのは『占いちゃんは決めきれない!』を監修している占い師・LUA先生が以前六本木で占いをしていたからだそうです。芸が細かい!



ギャラリーにはグッズの展示も。


▲品川の映画館や三軒茶屋の居酒屋、リアルにある場所が作品に


作中は六本木や中目黒などの実際の場所でのシーンもあり、作品を身近に感じることができるところもポイントですね!


夜のシーンが多いというのもあり、ブルーが目を惹きます。わたしは特に(上記の写真の)光の描写を青やピンクや緑の丸で表現しているところが刺さりました。おしゃれ〜



1Fでは種類豊富なドリンクも!お目当ては「占いちゃん紫芋ラテ」

ギャラリーをじっくり堪能した後は、1Fのカフェスペースでドリンクをいただくことにしました。こちらではお目当ての「占いちゃん紫芋ラテ」のほかに「生搾りグレープフルーツティー」を注文。



「生搾りグレープフルーツティー」を頼んだ際に、「シロップを入れますか?」と店員さんに尋ねられました。甘さ控えめにしたい時や甘いのが苦手な方でも安心、こうした配慮って嬉しいですよね。


また、スムージーや台湾茶、コーヒーやアルコールの提供も…!種類が多くびっくり。アルコールのメニューを見ながら、休日原宿をぶらぶらしながら飲みたい〜!という気持ちなりました。



「占いちゃん紫芋ラテ」は甘〜い紫芋の味が口の中をジャック!「生搾りグレープフルーツティー」は大粒の果肉を感じることができさっぱりしたテイストに。


お気づきかとは思いますが、占いちゃんの顔がコップについているのも可愛い〜写真映えしそうです。



\ グッズ売り場も / 


1つのギャラリーで、作画展やカフェスペース、グッズ販売とギュッと詰まっていて「作画展『占いちゃんは決めきれない!』presents 迷える子羊感謝祭」、濃厚な時間を過ごすことができました。


占いちゃんの世界観、11月11日発売の漫画のストーリーは共感度が高く「いるいるこういう人!」と頷けますし、特に目を惹くレトロポップな色合いが素敵だなと思いました。


次回は、この『占いちゃんは決めきれない!』プロデューサー兼原作者の岩見めぐみさんに作品の裏話をインタビューします!

 

■ライタープロフィール

ニックネーム:sasamoto chihiro

出身地:日本・東京都

ツイッター:@tiam_00

自己紹介:2021年に日本大学芸術学部文芸学科を卒業後フリーでライターをしております。

アニメ文化とアンティーク雑貨と絵を見ることが好きで、物語だと西洋ファンタジーやバトル系、耽美さを含んでいるものが好き。おすすめされたらオールジャンルなんでも見ます:D


現在はさまざまなメディアで執筆中。





■カメラマンプロフィール

ニックネーム:亜紀

出身地:中国

ツイッター:@Akika_70

自己紹介:中国からの留学生。現在修士在読中です。カメラマン歴9年くらいあります。

日本のアニメやゲームが大好きで、日本に来ました。

いろんなイベントでコスプレ撮影、お仕事や個撮の依頼も承っております。






 

■SOMSOC Gallery

住所: 〒150-0001 東京都渋谷区神宮前3-22-11

開館時間: 12:00~19:00

休館日: 月曜日

観覧料:無料

URL:https://somsoc.jp/

電話: 03-6384-5733

アクセス: 地下鉄明治神宮前駅徒歩7分


閲覧数:47回