• 蒼人

【テレパ実物レビュー㉚】鬼のようなヘッドパーツを持つ格闘番長! EM-05襲来!

小サイズ・超絶可動で大注目のメーカー、E.Monsterの展開する商品群。


今回は第6回となる同社の商品紹介です。ロボットの紹介自体は5回目ですね。

 

まずはブリスターから。

ロボットの本体はあらかた出来上がっていますが、オプションに当たるパーツ群が未装着となっています。


ブリスターケースから取り出して各部にパーツを装着してみました。

鬼のような角を生やした頭部パーツが目を引きます。

 

本体を横から捉えた写真がこちら。

正面からの写真ではわかりづらかったですが、赤い刃を持つ斬撃兵器を手に持っています。

 

頭部の横に張り出した部位は開閉が可能です。

中には銃口のようなモールドがあります。隠しギミックがあるのは嬉しいですね。


本商品は他にもギミックが盛り沢山!

両手に装備した斬撃武器も……


このように可動軸が仕込まれていて、銃形態に変形します。


バックパックも開閉ギミック付き。

装甲を開けば中からミサイルの弾頭が顔を出します。


可動ギミックは全身の至る所に仕込まれていて、リアスカートも開閉します。


他にも特徴的なのは、脚部に爪の開閉機構を備えていること。

鳥の足のように脚部で何かを掴むことが可能です。


ミサイルポッドのハッチ先端にはマニピュレータが仕込まれており、第二・第三の腕として武器を装備することができます。

「隠し腕」は僕的に問答無用でテンションの上がるポイント!

この姿を見るだけでトリッキーな戦い方がイメージできますね。


本商品に付属するパワードスーツは他の商品とは異なりグレーを基調としています。

今までに付属していたのが黒い基本色だったので、こうして並べてみると同じ金型なのにガラリとイメージが変わりますね。


実はロボットの頭部のサイズは非常にコンパクトです。

パイロットと比較すると小ぶりな頭部パーツのサイズが分かります。


こちらの頭部は実は着脱式。

ツノの生えたヘッドギアのような部分をパージすると……

以前紹介したEM-02と同じ形状の頭部が現れました!


更にこちらのヘッドギア部分はコンパーチブル仕様。


小指の爪の先ほどの小さなパーツですが、組み替えると一気に印象が変わって面白いです。



コンパチということで片方のヘッドギアが余るので、EM-02を持っている人はそちらに装備を譲っても良いかも知れません。

この辺りは機体間で共通パーツが使われていることの強みですね。


EM-05の紹介がひと段落したところで、前回紹介したEM-04との組み合わせ例を紹介しましょう。

まずは四脚戦車のEM-04を二脚に。


そこにEM-05の脚部を「腕」として装着します。

絶妙に弱そうで可愛い笑

結構気に入っています。


レトロゲームの中ボスみたいな。


両機とも機体色が似通っているので、組み換え遊びをしてもカラーリングが揃っていて良いですね。

チグハグ感がありません。

黒い機体色の中にグレーのパイロットがよく目立ちます。


勿論組み換えなどせずとも、2機を並べるだけでもう楽しい。


「格闘戦重視のコイツはフォワードに置いて、重火器を装備したコッチは後方支援に……」

設計思想の異なる2機だけに、前衛後衛の役割が明確に分担でき、部隊を組んで活躍する姿が容易に想像できます。

また、脚部のフレームを保護するアーマーは同一形状で、この辺りのパーツ流用もグッと来るポイント。


EM-01〜03は最小限のパーツの交換や装備の追加によって機体群の微細な違いを楽しめる展開でした。

しかしEM-04、EM-05と続けて個性的なデザインの機体を続けて投入しており、この展開の多彩さからは目が離せませんね。

変形武器に各部の開閉、そして隠し腕と、小さなボディにギミックを満載したEM-05。

是非是非あなたのコレクションにお迎えください!

 

■ライタープロフィール


ニックネーム:蒼人

出身地:日本・神奈川県

自己紹介:帰宅後に家事の合間を縫ってプラモ製作に勤しむリーマンモデラーにして毎週末劇場に足を運ぶ映画マニア。

TBSラジオのヘビーリスナーかつハガキ職人でもあります。

ブログ:https://onogoroblog.hatenablog.com/ Podcast: https://open.spotify.com/show/2PFrsto4lGOsFSNT6FzHfl?si=16425d0f9c734130



閲覧数:49回