【テレパインタビュー⑨】独学でプロになる!百合好きなら絶対チェックしたい人気漫画家・南方純氏に直撃インタビュー&独占企画情報公開!

更新日:2月8日


■Profile

ニックネーム:南方純(ミナカタスナオ

SNS:@minakatasunao

出身地:日本

星座:射手座

血液型:AB型

職業:漫画家

代表作品:『悪魔のリドル』、『「お前ごときが魔王に勝てると思うな」と勇者パーティを追放されたので、王都で気ままに暮らしたい THE COMIC 』








■ArtGallery

『悪魔のリドル』原作:高河ゆん 作画:南方純

 

10代から独学でパソコンによるデジタルイラスト技術を習得、さらに同人からプロの漫画家に!


──さっそくですがはじめに、マンガ家になられたきっかけは?


「高校1年生の時に貯金をはたいてパソコンを購入したことをきっかけに、

デジタルイラストを始めてホームページを作成、

それを見た編集の方から漫画やイラストのご依頼を頂くようになりました」



──どうやってマンガのスキルを習得されましたか?


「ほぼ独学です。お仕事を引き受けさせて頂いてから、その度に試行錯誤して完成させてを繰り返して今のスキルを身に付けさせて頂きました」

『悪魔のリドル』原作:高河ゆん 作画:南方純


──プロのマンガ家になられて嬉しかったこと、つらかったことは?


「幼い頃から漫画とゲームの世界に没頭するのが大好きで、絵を描く仕事に就くだろうなと漠然と思っていましたが、漫画は自分の中では素晴らしく尊いもの、人生の教科書であり、好きの思いが強過ぎて、逆に漫画家には絶対なれないだろうと漫画家を目指してすらいませんでした。


ですので、最初は自分なんかが漫画を描くなんて烏滸がましい……というどこか遠慮の気持ちがあったり、単純に技術が追いついていなくて描いててつらかったのですが、今は精一杯がんばったんだねと昔の作品や昔の自分ごと愛しい気持ちがあります。今では自分は漫画家になったんだなぁと思います。


嬉しかったことは、やはり読者の方からの応援です。

誰かが見てくれる、読んでくれるからこそ成り立つ職業ですので、本当にありがたいですし、また肯定してくださる存在がいるというのは大変心強いです」



──先生が描くキャラクターのポーズ、表情、構図にはかなりのこだわりを感じます、その秘訣は?

「ありがとうございます。昔からオリジナルは描かず二次創作が好きなのですが、大好きな作品やキャラクターを可愛くかっこよく描きたい!という気持ちが、こだわりがあるように感じさせるのかなと思います。愛です」



東方イラストも大人気! マイナージャンル「百合愛」への情熱から自ら新しい世界観を切り開いていく


──色んなマンガジャンルを挑戦されていると思いますが、自分から描きたいシーンやキャラクターの人間描写などはありますか?


「現在「『お前ごときが魔王に勝てると思うな』と勇者パーティを追放されたので、王都で気ままに暮らしたい」という原作付きの作品を連載させて頂いているのですが、2巻くらいまでは頂いたプロット通りに進めさせて頂いていました。

『「お前ごときが魔王に勝てると思うな」と勇者パーティを追放されたので、王都で気ままに暮らしたい』漫画:南方純 原作:kiki キャラクターデザイン:キンタ"


しかし描き進めているうちにキャラクターたちが意志や感情を持ち出したかのように動いてくれて、大変ありがたい事に3巻からかなり好き勝手に描かせて頂いています。編集さんとkikiさんの懐の深さに感謝です。


「お前ごとき〜」ではもちろん原作を尊重しつつ、隙あらばどんどん自分の描きたいシーンや関係、感情を詰め込んでいく予定ですので、是非是非その目で読んで確かめてみて下さい!特に14話は自分で描いていて手応えを感じました。女同士の重い感情描きます!」


──マンガのネタ作りでヒントを得るために、何か自分ならではの方法などありますか?


「お風呂に入っている時にネタが思い浮かびやすい気がします。多分考えていない時でも無意識では考えていてくれていて、それがリラックスしている時に心に浮かび上がってくれるのかもしれません」



──「南方純先生」と言えば東方projectのイラスト作品も多いですが、やはり東方キャラに愛情はありますか? よろしければ好きな東方キャラやハマった東方シリーズのタイトルを教えて下さい。


「やはり紅魔館のキャラクターが大好きです! 耽美な世界観(ほぼ妄想)に心を鷲掴みにされました。強くてかっこよくて可愛くて綺麗で主従関係だったり、姉妹だったり、同僚だったり、友人だったり人間と妖怪の寿命差や吸血、女性だけの濃厚なありとあらゆる関係性が詰まっていて、彼女たちは今も心に住み着いています。


よくプレイしたのは永夜抄です。ゲームは下手でしたが、永夜抄は初心者でもとっつきやすかった思い出です。東方はWindowsでしかプレイできないのですが、私はMac使いなので当時東方のためだけにノートパソコンを買いました。


ただ不注意からノートパソコンに水がかかってしまい故障、悪魔のリドルの連載が始まったことや私生活が慌ただしくなったことから強制的に東方離れとなりました……。無限に慌ただしい日々ですが、いつか東方に戻りたい!」


──先生の作品には女性同士の「百合愛」が描かれることが多いのですが、このジャンルへのこだわりはありますか? またご自身が「百合愛に目覚めた!」ことのきっかけや経験はありましたか?


「高校生の時に、ゲームで女の子同士が仲良くしていると幸せな気持ちになったのが目覚めかもしれません。それが百合というジャンルであることを知り、また昔は百合はマイナージャンルでしたので自給自足をするしかありませんでした。


精神的に対等で、お互いがこの人だからいい、この人でないとダメだという関係性の百合が好きです。また人間的に親しみや好きの感情を重めに育んでかけがえのない存在になってから、それから恋愛関係に発展して欲しい。(自分の中ではこの順番がすごく大切で重要です!)女性が女性を幸せにしたいと思う感情が大好物です」



尊敬する作家はなんといっても「悪魔のリドル」でご一緒した「高河ゆん」先生!


──よろしければ先生が個人的に好きな音楽、映画やゲームなどの作品タイトルやジャンルを教えてください。


「『まちカドまぞく』は圧倒的におすすめな漫画です。最高です。人生変わりました。

読めば読むほど発見がある。作者の知性や知識、こだわりがすごい。非常に勉強になります。

キャラクター一人一人が繊細な感情を持ち、一コマ一コマの行動と表情がまるで生きているかのように意志を持ち、伏線も丁寧に回収し、まるで全ての事柄に理由があるかのような、この世の全てに無駄なことなんて何もないような心持ちにさせてくれる優しい作品です。魂が癒されます。桃がすごく好きです。えっちですね〜。


『ちいかわ』に結構前からハマっています。ゆるいキャラクターたちがほのぼのしてると見せかけて、労働や格差の闇、たまに重い展開や感情を見せてくれるので目が離せません。

ハチワレちゃんがすごく好きです」



──尊敬するクリエター、或いは憧れのマンガ家、イラストレーターはおりますか?


「尊敬する憧れの漫画家は高河ゆん先生です。大先輩でありながら常に新しい価値観と感性を持っていて、年々凄さを実感します。


昔から第一線で活躍する大先輩ですから最初は雲の上の人のように思っていたのですが、とても気さくに接して頂き、またひたすら優しく寄り添って頂きました。今の私があるのは、本当にゆん先生のおかげです。特別な存在です」

『悪魔のリドル』原作:高河ゆん 作画:南方純


──色々なお話を聞かせていただきありがとうございます。最後にファンに向けてメッセージをひとことお願い致します。


「ここまで読んで頂きありがとうございます。まだまだ未熟ではありますが、より良い作品を作れるよう自分なりに模索して参りますので、これからもよろしくお願いいたします」

 

最後に、南方純先生の初・フィギュア商品化情報を大公開!先生の東方Projectイラスト「フランドール・スカーレット軍服 Ver.」と「レミリア・スカーレット軍服 Ver.」は、フィギュア商品化が決定しました!弊社も商品企画・監修に参加させて頂き、ホビーテレパ独占商品となります。続報をぜひお楽しみに!


閲覧数:1,012回